ISO27001/ISMS取得コンサルティング、プライバシーマーク/Pマーク取得コンサルティングなら名古屋のエスケイワード コンサルティング事業部まで

セミナー・教育|株式会社 エスケイワード コンサルティング事業部

ご相談・お問い合わせ無料 電話番号:052-953-7161 メールでのお問い合わせはこちら
初めての方はこちら(資料無料ダウンロード)
HOME > お知らせ > 近年、増加傾向にある「ランサムウェア」について

お知らせ

その他近年、増加傾向にある「ランサムウェア」について

ランサムウェア

ランサムウェアとは、身代金(ランサム)を要求するコンピューターウイルスの一種で、感染したPC、サーバ、クラウドストレージサービス、USBメモリ等のデータを「勝手に」暗号化(拡張子を変えるなど)した後、サイバー犯罪者から、暗号を外して、元に戻すためのパスワードに対して、金銭を請求するもので、「身代金要求型不正プログラム」とも呼ばれます。

感染径路は、電子メールやWeb経由からで、利用者が気づかないうちに感染してしまうケースもあります。
また、重要なデータが使えないからということで、「身代金」を払っても復元できるとは限りません。

2017年5月に世界中で被害があった、ランサムウェア「Wanna Cry」(「I wanna cry」日本語で「泣きたくなる」の意味)は、ネット経由で許可なくPCの欠陥を探して入り込み感染する「ワーム(虫)」型とも言われています。解除するために仮想通貨「ビットコイン」で数万円分をハッカー側に支払いを促す画面等が出現しました。

重点的な対策は以下が考えられます。

  • セキュリティ対策ソフトの導入
  • 重要なファイルのバックアップ対策(ネットワークと分離して保管)
  • 社員へのセキュリティ教育
  • OSやアプリケーションは各種アップデートを行い、最新の更新プログラムを適用する
  • 公開サーバーはファイアウォールを導入し、不要なポートは閉じる

『情報セキュリティ対応を本格的に考えてみたい』
『プライバシーマークやISOを取得は先だが、情報セキュリティ体制を見直ししたい』

このようなケースはIT環境診断サービス ご検討、お問合せください。

IT導入・運用支援サービス


クイックメニュー


HOMEサイトマップ